観光人材育成TOPバナー

観光人材育成について

住民の地域への誇りが地域資源を活かし、旅人を引き付ける魅力の創造となります。つまり「観光は人」。観光人材育成を通して最も重要な観光基盤整備のお手伝いをいたします。

1.観光地域コーディネーター養成

学ぶ内容:
観光資源を保護・活用するスキルに加え、受け側と旅人の互いが高まり合う観光を創造できるプロデュース能力を養成する。また地域を活性化させる有効な手段として「持続可能な観光を学ぶ。
授業概要:
地域産業と観光ビジネスとの融合(旅行業、レジャー産業、エンターテイメント産業などの観光産業の全容を理解しながら、地方の潜在能力と地域資源の見出し方、観光交流による地方再生の手法を学ぶ。)
授業計画:
観光産業論(地方産業・食育・旅行業・宿泊業・交通業・レジャー産業)地域再生論(環境保全・民族・伝統芸能・地域開発・広域連携・地域資源発掘・産業再生・地域産業技術の汎用・新産業分類ほか)
科  目:
観光産業論、旅行業経営、国内旅行企画、旅行地理、観光地理、ビジネスマナー、旅行業法、約款、旅行傷害保険、安全管理、情報発信、市場開拓法
売れる観光商品を作るためのコンセプトメイク
体験実習:
全国各地で観光ビジネスリーダーとして活躍する人材を講師として学ぶ授業。
フィールドワーク:
現場に出て体験観光資源と体験インストラクターの発掘作業を実践する。

2.観光ガイド・インストラクター・オペレーター養成

学ぶ内容:
個人の技術や能力などを活かし、自らの生活と地域を豊かにするサービス産業としての取り組み方法を学ぶ。
授業概要:
実際に地域の第一線で活躍する多彩な観光人材を講師として学ぶ授業。
授業計画:
観光資源の発掘方法、プログラム化・商品化、市場性の把握、営業活動、プロモーション、受け入れ実施の安全管理ポイント、観光事業者の法的責任と旅行業法の扱いなどの売れる観光商品作りと現場での安全な進め方を学ぶ。
科  目:
観光産業論、国内旅行企画、ビジネスマナー、安全管理、日本型ホスピタリティーと癒しを学ぶ。
分  類:
農林漁業、歴史文化、生活文化、自然観察、スポーツ、地域独自産業
体験実習:
①すでにほんまもん体験プログラムを実践しているインストラクターから学ぶ。
②地域サポーターからおもてなし活動などを一緒に行動することで学ぶ「地域現場実習」。
③現場での発見を活かす体験型授業をもとに、観光商品を作り模擬商談をする授業。

3.民泊受け入れ指導

学ぶ内容:
一般家庭に旅人を招き滞在していただくための受け入れ指導・設備指導・安全管理・心得などに関する指導。
観光人材育成イメージ1 観光人材育成イメージ2 観光人材育成イメージ3 観光人材育成イメージ4 観光人材育成イメージ5 観光人材育成イメージ6